File6 日本発、次世代の緑の革命 芦苅基行

第1回 組み換えと異なるもうひとつの遺伝子技術

「遺伝子組み換え自体を否定はしていません。ただ、反対派も多いことを考えると、世界中どこでも受け入れられる方法を用いた方がいい。なにより私は、自分の目で見極めて、より優良な品種をつくりあげてきた日本の育種家の方々をリスペクトしています。今まで世界中のコメを食べてきましたが、味覚に自信がない私でも日本のコメは世界一美味しいと思う。だから、単に新しいことを始めるのではなく、これまで培ってきた世界一のイネの栽培技術の流れに組み込んでいくべきだと考えているのです」

 日本では明治36(1903)年に本格的なイネの品種改良が始められた。大正10(1921)年には交配による初めての品種「陸羽132号」がつくられ、昭和31(1956)年にはコシヒカリが登場している。コシヒカリは品質に優れていることから全国的に人気になったが、いもち病に弱い。そこで、いもち病に強い品種を交配することでコシヒカリBLという品種を開発、平成12年に登録された。いま、新潟のコシヒカリはこの品種である場合が多い。このように日本では今まで700以上の品種が開発され、そのうち約300種類が全国で栽培されている。

 日本の技術はイネにかぎったことではない。モモにせよメロンにせよ、日本ではより美味しく、栽培しやすいものにするため、育種家の手によってさまざまな作物が改良されてきた。その精度たるや、世界一だろう と芦苅さんは断言する。

 ただ、このようにイネのすぐれた性質を判断するには、育種家には熟練の技術が必要なうえ、その判断も完璧ではなく、度重なる試行錯誤が必要とされていた。

(写真クリックで拡大)