第78回 悪夢

 スタジオのなかに入ると、嫌な夢でも見ているかのような薄暗さでした。

 ジムがカメラを片付けているあいだ、洗面所で手を洗ったりしているうちに、とうとうぽつりぽつりと雨が降り出したようでした。

 大粒の雨は、あっという間に勢いを増してゆきました。

 屋根にも激しく打ちつけ、夕立がきたときのようなザアーッという騒がしい音が、スタジオ中に響きました。

「すごい雨だ、帰ってきて良かった……」

 ジムは、独り言のようにそうつぶやきながら、玄関脇の窓から、外を眺めていました。

ノースウッズはカナディアン・カヌーの生まれた土地。ひとたびカヌーに乗って漕ぎ出せば、たちまち自然を近くに感じることができる。(写真クリックで拡大)

 ランチの準備をしていたジュディが、キッチンのなかから返事をしました。

「そうね。いやな感じがしたもの」

 ぼくは、渡り廊下の真ん中に立って、壁に設けられた大きな窓から、小川の方を見つめていました。

 やがて、風も強くなり、対岸に生える木々の枝が揺れて、何枚もの葉がちぎれて飛んでいきました。

 雷も鳴っていましたが、それよりも、ゴウゴウとうなる風の音が、繰り返し押し寄せる波のように聞こえるのが不気味でした。

 あまりにも急に変化していくので、いったいどこまで激しくなるのだろうと、すこし心配になってきました。