第3回 世界遺産の魅力を言葉で伝える語り部に

ルブ・アルハーリー砂漠の南端に作られたこの町は“砂漠のマンハッタン”と呼ばれている。2005年2月号特集より「アラビア半島 伝説の大砂漠へ」より

 そういう質問が出たら、もうこっちのもの。
 土に藁をまぜた日干しレンガでつくられているんです。壊れたら補修を繰り返して、現代まで維持してきたんですよ。

――思わず話に引き込まれますね。その「砂漠のマンハッタン」はどこですか。鈴木さんは、行ったことがあるんですか。

 イエメンの城壁都市、シバームです。行ったことはありません。でも、僕は歴史上、東西文化の交流点だった中東、西アジア、中央アジアエリアの世界遺産にとくに興味があって、なかでもイエメンの世界遺産はぜひ訪ねてみたい場所です。

 今は内戦状態なので無理ですが、シバームのほかにも、サヌア旧市街、古都ザビード、ソコトラ諸島などの登録地があって、どれも魅力的です。

――でしたら、最後は鈴木さんお勧めの世界遺産を教えていただきましょう。

部族の結束と伝統文化が支配するイエメン。2012年9月号特集「混迷するイエメン」
インド洋に浮かぶソコトラ島は独自の進化を遂げた動植物の楽園。2012年6月号特集「摩訶不思議なソコトラ島」
(写真クリックで拡大)

最新書籍『絶景世界遺産』(小社刊)

密林や高峰、氷の世界や灼熱の地から、楽園さながらの水辺まで、世界遺産のうち自然遺産の絶景を厳選して収録した写真集。人の立ち入りが制限されることも多い自然遺産の、普段は見ることができない驚くような景色を大判写真で楽しめます。2014年に新登録された場所も収録。アマゾンでの購入はこちら

(つづく)

鈴木亮平(すずき りょうへい)

1983年生まれ。兵庫県出身。東京外国語大学(英語専攻)卒業。2006年に俳優デビュー。ドラマ『花ざかりの君たちへ ~イケメンパラダイス~』(2007年)や朝の連続テレビ小説『花子とアン』、映画『変態仮面』、『ガッチャマン』など多数出演。現在、能年玲奈と共演した映画『ホットロード』、主演を務めた『TOKYO TRIBE』が公開中。初のフォトブック「鼓動」(キネマ旬報社)を発表、話題を集める。鈴木亮平オフィシャルブログ「Neutral」。


高橋盛男(たかはし もりお)

1957年、新潟県生まれ。フリーランスライター。自動車専門誌の編集を手がけたのちフリーライターに。JR東日本新幹線車内誌「トランヴェール」、プレジデント社「プレジデント」「プレジデントファミリー」などに執筆。