第77回 予兆

 この旅で初めて、フィルムの現像を受け取ってから2日後……7月4日は、アメリカの独立記念日でした。

 イリーは小さな町ですが、アメリカ中の他の町と同じように、毎年、メインストリートではパレードが行われ、夜には花火が打ち上がります。

 しかし、そんなお祭り騒ぎも、遠く離れたクリフハウスでひとり過ごしていたぼくには、まったく関係のないことでした。

寄り添って歩く、ムースの親子。まだ幼い子ジカが、つぶらな瞳で母ジカを見上げていた。 (写真クリックで拡大)

 いつも通りの静かな朝を迎えると、その日も空一面に雲が広がっていましたが、数日前まで続いていたような冷え込みは感じられませんでした。

 午前も半ばをすぎると、ぼくはレイヴンウッド・スタジオに向かって出発しました。

 前日に、ジムがクリフハウスにやってきて、ランチに誘ってくれたのです。

 しかも、「家の近くへ撮影に行くから、一緒に来ないか」と言ってくれました。

 聞けばそこは、ジムにとってスペシャルな場所なのだそうです。

 ジムと一緒に、森へ撮影に出かけられる……当然、そんな機会を逃すことはできません。

 ぼくは、「もちろん行きます」と答えて、昨日からずっと楽しみにしていました。