File5 食べ物と日本人の進化 馬場悠男

第1回 農耕以前から私たちは炭水化物をたくさん食べていた

「縄文人は総じてかたいものを食べていたんです。アザラシやイノシシの肉はかたく、保存のために干したりすればかたさはさらに増したでしょう。堅果類で作ったパンにしても粉をかためて焼くようなものですから、現在のパンのようにやわらかくはありません。こうしたものを日常的に食べていたので、縄文人の歯が磨り減るのは当然です」

 かたいものを食べていたので縄文人の顎はしっかりしていて歯並びがよく、上下の歯がきちんと噛み合っていた。埼玉県の妙音寺洞穴で発見された約9000年前の人骨などはその典型で、歯並びが美しく、下顎骨の筋突起(コメカミの側頭筋という噛む筋肉の付くところ)が前方に拡大していて、噛む力が強かったことがわかるという。

「では弥生人の歯はどうだったかというと、意外にも縄文人よりも大きくて頑丈でした。そして、下顎の前歯より上顎の前歯が前に出ているような鋏状咬合が多い。食生活は同じでも縄文人と弥生人の顔や体つきはまったく違っていたんです」と馬場さん。縄文人の成人男性の身長は平均158cmほどで、手足が長かった。対して、弥生人の成人男性の身長は平均163cmほどあり、縄文人よりもずんぐりとした体型で手足が短い。いわゆる、胴長短足だった。

「顔つきにしても、縄文人は彫りが深くて目が大きく、髭が濃かった。対して弥生人は、のっぺりと平らな顔をしていて目は一重で細く、髭も薄かったんですよ」

 確かに、教科書に載っていた縄文人と弥生人のイラストはそのように描き分けられていた記憶がある。農耕社会が影響を及ぼしたのか。いや、食生活に大きな変化はなかった。ならば、なぜそこまで違うのだろうか。

つづく