フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の百年

- SEPTEMBER 2014 -

美女とかわいい野獣

「モンバサ美女とペットの鹿」という見出しとともに、『ナショナル ジオグラフィック』1909年3月号に掲載されたこの写真。モンバサはアフリカ・ケニアの港湾都市だが、彼女が抱えているのは実はシカではない。ウシ科のアンテロープの一種だ。


 当時の写真の説明には、「アンテロープのステーキはこの地域の人気料理だが、彼女に大切にされているこの一頭は、ハンターの標的にされる心配はなさそう」と書かれている。さらに写真の女性については、「手を紫色に染め、両頬に円を描くのは、ケニア人女性にとってお洒落の象徴」とある。


写真=UNDERWOOD & UNDERWOOD,NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE

フラッシュバック一覧へ

  • ビリヤード場の“やじ馬”
  • 日焼け対策はばっちり
  • おーい、聞こえるかい?
  • 第一次大戦に使われた気球
  • 1927年生まれの噴水
  • アメリカでも流行った? ローマ風呂
  • 人海戦術でダム建設
  • 悲運の巨大タイヤ
  • 毛むくじゃらの牛
  • どこから見てもエッジの効いた都市
  • アイスフィッシングの名所

翻訳講座

ナショジオクイズ

気候変動の研究施設があるグリーンランドは、どの国の領土?

  • ノルウェー
  • カナダ
  • デンマーク

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ