――今年5月、タイのバンコクで開催された「TOKYO GIRLS TOWN」のプロデュースを担当されたそうですが、そのイベント内容を教えてください。

 バンコクで毎年「タイランド コミック コン」というイベントがあるんです。これは、日本やタイのアニメ、漫画、ゲーム、おもちゃ、映画などを集めたポップカルチャーイベントです。

その出展で、会場に「TOKYO GIRLS TOWN」という街をつくったんです。経産省のクールジャパンと東京ガールズコレクション(TGC)との連携で、日本のガールズカルチャーを世界に発信しようというのがねらいです。

――日本のガールズカルチャーを海外に。発端は何ですか。

 日本語の「かわいい」で表現されるような、いわゆるガールズカルチャーが、この10年くらいの間に大きな広がりをみせて、それが海外でも注目されているんです。

 フランスのパリで毎年開催される「ジャパンエキスポ」がよく知られています。近年では20万人を超える入場者がある。でも、あのイベントの運営には日本人はかかわっていないんです。

 そこで日本発の「ジャパンエキスポ」的なイベントができないかというので、持ち上がってきたのが「TOKYO GIRLS TOWN」です。

(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る