第1回 夏休みの自由研究に! ピンホールカメラ

 カメラを明るい方へ向けてじっと見続けると・・・トレーシングペーパーのスクリーンに像が見えてきます。はたから見ると、いかにも怪しい感じですが、「見える、見える!」と子どもは夢中になること間違いなしです。

(写真クリックで拡大)

 でも、そのうちに言ってきます。
「なにかおかしい」
「反対なんだけど?」

 ぜひ「えっ、何が?」と、とぼけてみてください。

「人がさかさま!」、「車が反対から走ってくる!」の声。
「でも、どうしてだろう?」とすかさず問いかけてみてください。
 自分で考えるように仕向けることが大切です。

 ひとしきり見た後は光の進み方を考えてみてください。
 上下左右逆さになることは図で考えると簡単です。

(写真クリックで拡大)