第4回 「原始的」ではなかったアマミノクロウサギ

 国立科学博物館の冨田幸光さんは、日本で発掘された哺乳類化石が一堂に会する特別展「太古の哺乳類展」の企画立案者だ。博物館での所掌範囲は陸棲哺乳類ぜんぶ! ということになっているので、今回の特別展はその集大成という意味もある。

 その一方で、哺乳類研究者として、個別の生き物の系統の研究にも深く関わってきた。哺乳類全体を見るのは国立の博物館としての「官」の仕事であり、それとは別に「研究者としての個人」の仕事がある、というか。

 研究室の書架にアマミノクロウサギの下顎がぽんと置いてあった。それについて問うと、冨田さんはぱっと顔を輝かせた。

(写真クリックで拡大)

「私自身は、小型哺乳類、ウサギ類や齧歯類なんかを研究してまして──」と古生物学者としての御自身のキャリアを語ってくださった。

「私、横浜国立大学出身なんですが、もう骨の化石が勉強したくてしたくて、当時、その勉強ができる大学院は京都大学しかなかったんです。でも、落っこっちゃったので、英語苦手だったけど勉強して、アメリカのアリゾナ大学に行きました。そこの先生がたまたま小型哺乳類を専門にしてたんです。修士論文では、古地磁気学を使って暁新世(ぎょうしんせい)の化石が入っている地層をうまく合わせて、年代をピチッと決めるプロジェクト。ただ暁新世の化石は日本では出ないので、日本に帰るのを見越して、ドクターでは鮮新世(せんしんせい)という新しい時代の化石産地の小型哺乳類をやりました。一番たくさん出てくるのは齧歯類です。あとはウサギ類、食虫類、コウモリも出てくる。古地磁気学で年代をかなりきちっと決めて、見つかった化石を記載する。そこまでやって、日本に帰ってきました」

(写真クリックで拡大)