第77回 我が家にアリの軍隊が襲来した

写真撮影中、右手の人差し指を兵隊アリに咬まれ、カメラを床に落としてしまった。つねられるように咬まれていたのを左手で何回かパシパシパシと払い落とそうとしたが、落ちないので力を入れてバシッ! すると片アゴが指に残った。(写真クリックで拡大)

 そうか。昆虫たちがこちらへ向かっていたのは、グンタイアリから逃れるためだったのだ。こりゃのんびり構えていられない。グンタイアリに刺されると相当痛いので気を付けないと。

 そうこうしている間に家の前がグンタイアリだらけになった。もしかして、家の中にも? とドアを開けると、すでに黒い粒々が床一面にうじゃうじゃ動き回っていた。



「こりゃいかん、しばらく家の中に入られへんなぁ~」

 グンタイアリが通り過ぎるまで退散しようと思ったが、こんなの初めて!だったので、この様子を少しでも記録しようと、カメラで撮影を開始した。

 グンタイアリの数はどんどん増え、家の中での狩りの勢いが増していく。どうやら我が家のオオアリを狙っているようだ。オオアリの幼虫やサナギをくわえているものが多い。

 一方で、グンタイアリの狩りから逃れられたオオアリたちは、家のあちこちに散らばってじっとしている。振動をおこさないようにしているのだろう。グンタイアリは振動するものに反応して襲いかかる。直ちに大勢でやってきて、動いたり震えたりしている獲物に咬みつき、お尻の針でグサリ!とやられてしまう。

【動画】このガのようにじっとしていると、グンタイアリは興味を示し確認はするものの、狩ることをしない。だから、ちょっとの振動も禁物だ。(0:16)


グンタイアリに狩られていくオオアリ(写真クリックで拡大)