――写真集「キルギスの誘拐結婚」を拝見して衝撃を受けました。街を歩いている女性を車でさらってきて結婚するというようなことが本当にあるのかと。

 私は7年ほど前、国際人権組織のヒューマン・ライツ・ウォッチの報告書を読んで、キルギスに誘拐結婚があることを知りました。

 それから関係する報道などを気にかけていたのですが、文字情報ではその実態がよくつかめないので、写真で取材したいと思ったのです。

 でも、実際の誘拐の場面は、それまでの取材で話には聞いていたものの、やはりショックでした。私の想像を超えていました。

――誘拐もさることながら、もうひとつ衝撃的なのは、その犯罪の現場にカメラが入っていることです。キルギスでは誘拐結婚が、それほど頻繁に起きているのですか。

 現地のNGOによれば、既婚女性の30~40%が誘拐で結婚しているそうです。都市部を離れて村へ行くと、誘拐で結婚した夫婦は簡単に見つかります。

キルギスの誘拐結婚

若い男が女性を連れ去り、男の親族が総出で説得して結婚させる「誘拐結婚」。中央アジアのキルギスで行われている衝撃の「慣習」を、世界規模の報道写真祭で最高賞を受賞した写真や追加取材の写真、計76点でつづる。フォトジャーナリスト林典子、待望の初写真集!「単なる告発やニュースに終わらないドキュメンタリー」として、より多面的に深く、誘拐結婚の実態を伝えています。林さんが写真に写し出した、キルギスの女性たちの悲しみ、強さ、美しさを、ぜひご自身の目で確かめてください。

出版社: 日経ナショナル ジオグラフィック社
発売日: 2014/6/16

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス

この連載の次の
記事を見る