ホームステッドの共用キッチン兼リビングであるロッジのなかには、10人以上は座れるような、木製の大テーブルが置かれていました。

 そして、そのテーブルのすぐ脇の壁に、額に入れられた1枚の小さな写真が、さりげなく飾られていました。

 それは正確には、写真のプリントではなく、ポストカードでした。

 長い年月を経たせいか、ずいぶんと色あせていましたが、ぼくはその写真を一目見たときから、すぐに興味を持ちました。

 なぜならそこには、ぼくでも名前を知っている、ある日本人の姿が写っていたからです。

日がずいぶんと長くなった。オジロジカが1頭、夕暮れのやわらかな光を浴びて、輝くように草地に立っていた。(写真クリックで拡大)

 その人物は、見渡す限り木が一本も生えていないような、岩と雪の荒涼とした大地に立ち、膝ぐらいしかない背丈のアデリーペンギンの群れに囲まれていました。

 まるで観光客のようにカメラを首から提げ、厚手のパーカーに身を包み、無精髭をはやした口元からは、真っ白い歯をのぞかせながら、屈託のない笑顔をこちらに向けていたのです。

 そこでぼくは、ある日、ロッジの近くでウィルとすれ違ったときに、ついにその写真について聞いてみました。

「あの壁の写真。ナオミ・ウエムラですよね?」

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る