フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2014年6月号

王家の財宝

  • 身分の高いワリの女性は金の耳飾りを着けていた。ドアノブほどの大きさのものもある。金や銀を用いた遺物が見つかってからは、考古学者たちは略奪を恐れて眠れぬ夜を過ごした。
  • エル・カスティージョ遺跡の未盗掘の墓から出土した、色鮮やかな模様を織り込んだ布。
  • アンデス地方初の帝国を築いたワリの王族の姿を描いたつぼ。
  • ワリの上流階級の女性が着けていた耳飾り。金と銀で作られ、翼をもつ生き物が彫られている。
  • 彩色された水筒形土器。人型の飾りは、バルサ材のいかだに乗ったワリの王を表している。
  • 木製の耳飾りには、金、貝、宝玉などを使った象眼細工が施されていた。
  • 鮮やかに彩色されたサンダル。ワリの王族は足元までおしゃれに気を配った。
  • 王妃の杯は、熟練の職人が、地元産の白い石を削って作ったものだ。
  • 装飾品の一部。鳥の羽根で作られた房で飾られていた。

フォトギャラリー一覧へ

ナショジオクイズ

Q:写真はノートルダム大聖堂に装飾された怪物像(ガーゴイル)。もともとの役割は何でしょう?

  • 雨どい
  • 巣箱
  • ポスト

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ