フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2014年6月号

犬と兵士、訓練の日々

  • テキサス州のラックランド空軍基地で運動中の、生後7週目のベルジアン・マリノアの子犬たち。数カ月後には、軍用犬としての訓練が始まる。
  • ラックランド空軍基地の障害物コースでトレーニングをするベルジアン・マリノア。服従訓練の一環だ。
  • 懸垂下降の訓練をする軍用犬のバッシー。ノースカロライナ州にある民間企業K2ソリューションズでは、軍用犬の訓練を行っている。突入班の先頭に立って犬が飛び込むことで、後に続く人間のリスクを軽減することができる。
  • ラックランド空軍基地で行われるハンドラー養成訓練。まずは弾薬入れの缶を使って、リードの扱い方や手信号を覚える。
  • アリゾナ州のユマ性能試験場で、ハンドラーとともに爆発物探知の訓練をするジャーマン・シェパードの「ラッキー」。
  • ユマ性能試験場で、軍用犬が負傷した際の運び方を練習するベルジアン・マリノアの「ディノ」とハンドラー。
  • アリゾナ州のユマ性能試験場で、海兵隊のクリストファー・ナイト一等軍曹が犬のロニーに銃声を聞かせる。銃撃戦でも平静を保つための訓練だ。アフガニスタンの風景や音、においに慣らすため、訓練士は頭にターバンを巻いてイスラムの祈りを唱えたり、犬を家畜と接触させたりもする。

フォトギャラリー一覧へ

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:恐竜のイメージをがらりと変え、今では恐竜研究の標準的な手法となっている医療用技術は次のうちどれでしょう。

  • 内視鏡
  • エコー
  • CTスキャン

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ