フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2014年6月号

歴史の中の軍用犬

  • 英国海兵隊のエドウィン・リチャードソン軍曹。軍用犬訓練の草分け的存在だ。第一次世界大戦中、彼が訓練したブラッドハウンドたちは、負傷兵の捜索や通信文書の運搬を行った。
  • 第一次世界大戦中、軍用犬とともに身を潜めるドイツ兵。最初の組織的な軍用犬訓練学校は、1884年にドイツで創立された。
  • ガスマスクを着用して前線に立つ、フランス軍軍曹と軍用犬。犬たちは鋭い嗅覚で毒ガス攻撃を察知すると、ほえて兵士たちに危険を知らせた。
  • 米国バージニア州で、兵士とともに米陸軍の入隊式に出席する軍用犬たち(1942年)。真珠湾攻撃の後、米国では軍への犬の寄贈が奨励され、本土48州から集められた犬たちが哨戒や地雷探知、伝令などの訓練を受けた。
  • 第二次世界大戦中のグアム島で、負傷した軍用犬を治療する米軍兵士。
  • 米国海兵隊の兵士とともにヘリコプターへ向かって走る軍用犬たち(1968年)。ベトナム戦争中、犬たちは主にジャングルでのパトロールや武器庫の探索を行った。ハンドラーたちの抗議にもかかわらず、米軍の撤退時に約4000頭の犬が置き去りにされた。

フォトギャラリー一覧へ

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は高地に生息するユキヒョウですが、ある部分が比率的に大型ネコ科動物で最長です。その部分とは?

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ