第91話 初ソロで、びっくり発見! 大変だ!!

 長距離行から帰ってくると、トーニャ師匠からのお許しが出て、「これからはソロで走ってもよい」ということになった。

 自動車学校で言えば、仮免というところだ。

 今までは、トーニャの後について走っていたから、先頭を行く私のチームのリーダー犬たちも、なんとなくトーニャのあとをついて行っていただけのようなところもある。

 私のほうも、まずは下り坂や凸凹道、急カーブなどを乗りこなすバランス感覚を身につけることが先決だったから、それでも良かったのだけれど、これからはしっかりと指示を出して、チームをコントロールしていかなければならないという訳だ。

 私のチームのリーダー犬に固定しつつあるお笑いコンビ「黒熊ルーディー&シゲオ」には、次なるネタでも考えておいてもらうことにして、1回お休み。

 代わりに経験豊富なリーダー犬を繋いで、確実な指示を出す練習を行うことにした。

 メインリーダーには、トーニャお抱えのバーグマンによく似て優秀なバード(オス)。

 サブには、これまた心優しいルーニーによく似たシグ(メス)を繋ぐことにした。

 後方は、今までずっと一緒に走ってきた白黒斑姉妹のフラックルとパンダである。

 今回は軽くロッジの周りを走るだけなので、4頭立てで行くことにした。

(写真クリックで拡大)