知っているようでホントは知らない?  「恐竜」って何者?

『ドラえもん のび太の恐竜』のピー助は恐竜じゃなかった?

 恐竜に限らず、ある生物の特徴を捉える上で重要となるのが姿形だ。

 そこで、代表的な恐竜として、ティラノサウルス、トリケラトプス、ステゴサウルスの姿を思い出していただきたい。ティラノサウルスは二足歩行で、トリケラトプスとステゴサウルスは四足歩行。トリケラトプスは頭に大きなフリルと3本の角を持っていて、ステゴサウルスについては背なかに板状の突起がある。姿形は三者三様。まったく違うように思えるが、脚の付き方はどうだろう。

 身体から脚は地面に向かって真っすぐ伸びていることに気付かされるのではないか。これこそが恐竜に共通する特徴だ。そのため恐竜をわかりやすく定義づけるなら、「脚が身体から地面に向かって真っすぐ伸びた爬虫類」と言っても差し支えない。

 しかし、この定義だと、ヒレのあるものや、翼のあるものは恐竜の定義から外れてしまう。例えば、過去2回映画化された『ドラえもん のび太の恐竜』には“ピー助”というフタバサウルス(通称、フタバスズキリュウ)が登場するが、このフタバスズキリュウは身体から横方向にヒレ状の脚が出ているため、前述の定義には当てはまらない。フタバサウルスのようなヒレ状の脚を持ち、首が長い爬虫類のグループは首長竜といって恐竜とは区別されているのだ。

 また、首長竜と同じようにヒレを持っていてもイルカに似た姿をしたものは魚竜と、翼を持って大空を飛びまわっていたとされるものは翼竜と呼ばれ、いずれも恐竜とは異なる分類群に属すると考えられている。

 恐竜の図鑑には、首長竜のプレシオサウルスも、魚竜のイクチオサウルスも、翼竜のプテラノドンも紹介されていることが多いが、図鑑をよく読むと「恐竜以外の爬虫類」などと紹介されているはずだ。

次ページ:実は恐竜は絶滅していない