これは大迫力! クローズアップ写真!

被写体に近づいて撮影することを「クローズアップ撮影」と言います。ナショジオの写真には、どんな風にして撮ったのか、考え出すと不思議なクローズアップ写真がたくさんあります。マクロレンズや撮影機材を使えば、さらに近寄って撮ることも。クローズアップ撮影の世界を堪能ください。

好物の青い果実を食べるヒクイドリ
写真=Christian Ziegler
詳しくはこちら
イスラエルで開催されたネコの展示会にいた無毛のネコ
写真=Tatyana Druz
詳しくはこちら
フランス・アルザス地方の小麦畑で食事中のカヤネズミ
写真=J. L. Klein and M. L. Hubert, Biosphoto
詳しくはこちら
メキシコで越冬するオオカバマダラ
写真=Joel Sartore
詳しくはこちら
クロバナフウロのめしべの先に到達した数十個の花粉
写真=Martin Oeggerli
詳しくはこちら
メリーランド州の庭園に咲いていたハスの花
写真=Stephanie Lane
詳しくはこちら
オザーク高原の先住民が肝臓病を治すのに使ったアイリス
写真=Peter Essick
詳しくはこちら
50mmレンズに接写リングを使って撮った茎と露
写真=Bryan Peterson
詳しくはこちら
リバースアダプターを使って拡大したバラの花
写真=Bryan Peterson
詳しくはこちら

ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 クローズアップ』(ブライアン・ピーターソン著、日経ナショナル ジオグラフィック社)

一歩撮影対象に近づいて撮るクローズアップの世界。マクロ撮影ばかりを思い出しがちですが、実はいろいろな撮影方法があります。「質感」の美しさを実感できるそんなクローズアップの世界に誘ってくれるのが、最新刊「ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 クローズアップ」です。花、食器、羽根、葉、岩、身近な被写体がグンと変わる撮影をぜひ体験ください。

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス