NHK放送文化研究所が2007年に行った調査によれば、日本人が一番好きな数字は「7」であるらしい。ラッキーセブンのほか七福神など、7にはよく知られた縁起物のイメージがあるからだろう。一方、「9」という数字は「苦」と結び付いて日本では好まれない。

 逆にこの「9」が縁起がいい数字とされるのがタイだ。タイ語で9は「ガーオ」といい、「前に進む」というタイ語の発音と似ているのだ。

 「だから、タイには9つの縁起菓子があるんです」。おやつ探検隊が訪れた東京・錦糸町のタイ教育・文化センター スアンドゥシットラチャパット大学東京校(以下、タイ教育・文化センター)でこう教えてくれたのは、ダー先生ことダムロンティララット・チョンシター先生。そして、その縁起菓子のひとつ「カノムフォイトーン」(カノムはお菓子の意味)はなんと日本由来のお菓子だという。日本との交易がさかんだったアユタヤ王朝時代(1351~1767年)に、日本人とポルトガル人の血を引く女性がタイの王室に伝えたものなのだ。

 フォイトーンはフォイが糸、トーンが金、つまり金の糸という意味。煮立てたシロップの中に卵黄を細く垂らして作る。こう説明すればピンとくる読者もいると思うが、日本の鶏卵素麺とまるで同じお菓子なのだ。細長い形状から「長く一緒にいられますように」という意味を込め、タイでは結婚式で見かけることが多いお菓子だそうだが、そんなところもしばしば結婚式の引き出物になる鶏卵素麺と同じだ。

 「ただし、ジャスミンの香りが付いているんですよ」と説明してくれたのは、同センターで通訳を務める石川智子さん。卵黄を垂らすシロップに香りを付けるらしい。鶏卵素麺にジャスミンの香り? 懐かしの甘~い和菓子のイメージが、ふっと見知らぬ異国の食べ物に入れ替わった。

東京・池袋のタイ菓子専門店「バーンカノムタイ」にあったフォイトーン(写真中央のお菓子)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る