第106回 タイ菓子が呼び込む金運、人運、仕事運!

 でも、これまで同センターで作ったお菓子の写真を一緒に見ていたところ、「あ、これは美味しいわよね!」とダー先生が声を上げたのが、「カノムパンヒマ」。パンはパン、ヒマは雪という意味で、シロップと練乳をかけてトーストを添えたかき氷のこと。近年、ポピュラーになってきたスタイルのかき氷だそうで、サクッとした食感のトーストとかき氷との相性がよいそう。「タイの“ミルク屋さん”には必ずあるメニューですね」とは石川さん。ミルク屋とは、牛乳を使ったドリンクやコーヒー、軽食などを売るお店で、タイの人は夕食後によくお茶を飲みに行くらしい。

カノムパンヒマ。シロップはピンク色が多いが、緑色のものもあるそう。昔ながらのタイのかき氷は台湾(第9回など参照)などのように様々な具材をトッピングしたもので、その具材のひとつだったトーストが発展したスタイルがこのカノムパンヒマ。写真は、タイ教育・文化センターで作ったもの。花型のトーストが可愛いが、一般にはこうした加工はしていないそう(写真=タイ教育・文化センター スアンドゥシットラチャパット大学東京校)

 最後に探検の相棒、ユカリ隊員に今回紹介のタイ菓子の中で好きだったものを聞いてみた。すると、前回紹介した「カノムモーゲーンが一番!」とのこと。「あとは甘すぎて…」と嘆息。今回の探検、甘すぎとは感じなかったメレンダ。タイの味覚にすっかりなじんでしまったらしい。ここまでくれば、縁起菓子の効果もばっちりかも?

おまけのお薦めタイ菓子。これは、石川さんが好きだという「カノムカイノックガター」。カイは卵、ノックガターはウズラの意味でウズラの卵型タイ風ドーナッツのこと。ココナッツミルク、サツマイモ、タピオカ粉、小麦粉などを合わせ揚げたもの。揚げたてが美味しい屋台菓子(写真=タイ教育・文化センター スアンドゥシットラチャパット大学東京校)
これは「タコー」と呼ばれるお菓子の一種。2層になっていて、「バーンカノムタイ」のものは、クワイを入れた上新粉使いの生地の上にココナッツミルクを使った層が載っていた。ぷるんとした生地にシャクシャクとしたクワイの食感が合わさり、とても美味しい。メレンダが今回、最もリピしたいと思ったお菓子

タイ教育・文化センター スアンドゥシットラチャパット大学東京校
住所:東京都墨田区江東橋 1-11-9 ピーケイサイアムビル
電話:03-3634-9993
ホームページ:http://www.thaitec.jp

バーンカノムタイ
住所:東京都豊島区池袋2-62-3
電話:03-3971-1518

メレンダ千春

海外に行けば、どこを見ずとも行くのはスーパーのおやつ売り場という、激甘から激辛まで味の守備範囲は360度のライター。最初の異国のお菓子との出会いは、アメリカに住む遠い親戚のおじさんが日本を訪れる度にお土産にくれた、キラキラ光る水色の紙でキャンディーのように包装されたチョコレート。ミルクの味が濃くて、おいしかったな~。インパクトのあるおやつを求めて、日々邁進中。