北極探検に話が及ぶと写真も豊富にあるのか、ウィルは、ホームステッドから持ってきたスライド・フィルムをスクリーンに投影しながら話をしました。

 スクリーンに映し出された写真は、どれも雪と氷の写された、寒そうな青と白のシーンばかりで、見ているだけで肌寒く、部屋の気温が少し下がったように感じました。

 荷物をたくさん積んだそりを押しながら、巨大な氷の壁に向かって進んでいる様子は明らかに大変そうで、写真が映し出されるたびに、観客からも、「オーッ」と、うなるような声が自然とわき上がりました。

 そして、ウィルが南極大陸横断の成功までを語り終えたとき、登場したときよりもさらに大きな拍手に包まれて、講演は終わったのです。

残雪の森を歩いていると、スカンクを見つけた。これ以上近づいて、刺激するのはやめておこう。あの臭いを浴びせられたら、買い物にもいけなくなる。(写真クリックで拡大)

 ミネソタもかなり寒くなる地域ではありますが、森林地帯です。

 さすがに木も生えず、遮るものがない極地の、体感気温マイナス100度ともなるようなブリザードは想像を超えていて、実際に探検の現場で撮られた写真は、人々の胸に迫るものがあったのでしょう。

 みんながウィルの体験談に聞き入った後は、質疑応答の時間になりました。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る