VISIONS

世界遺産からジャンプ

ボスニア・ヘルツェゴビナ南部の都市モスタルで、両手にトーチを掲げて川に飛び込む男性。高さ24メートルのこの石橋は「スタリ・モスト(古い橋)」と呼ばれ、もともと1566年に建造されたが、1993年に紛争で破壊。2004年に再建され、その後、世界遺産に登録された。
写真=DADO RUVIC、REUTERS

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • 結婚式を待つ花嫁たち
  • 食肉処理場に並ぶヘビ
  • 鏡に映る原宿の街
  • ペリカンの最期
  • ロープを渡るタフガイたち
  • 谷底に落ちる稲妻
  • アーシューラーの少女たち
  • 夏の海を泳ぐホッキョクグマ
  • 一糸乱れた?鳥の大群
  • ポーランドの湖、冬
  • ポーランドの湖、秋
  • ポーランドの湖、春
  • カマキリ万歳!
  • 引退した蒸気機関
  • 砂漠を越えて目指すのは・・・