第71回 何これ? 葉っぱの上を動く「糞」

<今週のピソちゃん> が食べているものは?

 モンテベルデでは最近、群れの中から離れ、1~3頭で餌探しをしている若いオスのピソちゃんをよくみかけるようになった。ステーションの本棟の裏でうろうろしては、何かを食べている。あまり近づいても逃げないので、近くで様子を見ていると 、地面に落ちている木の実を両手で押さえて、モグモグしている。

 上を見上げると、たくさんの実がなっていた。アオイ科のハンペア・アペンディキュラタだ。器用に中の黒い種の周りの白い部分を削り取って食べているようだ。

 ぼくも、どんな味がするのか気になって、白い部分を試食してみた。

「?!」

 幼いころの記憶に似たものがあった! それは、はくせんこう(白雪糕)だ。少し苦みがあるものの、ザラっとした食感で、甘みを感じる・・・わるくはない。

西田賢司

西田賢司(にしだ けんじ)

1972年、大阪府生まれ。中学卒業後に米国へ渡り、大学で生物学を専攻する。1998年からコスタリカ大学で蝶や蛾の生態を主に研究。昆虫を見つける目のよさに定評があり、東南アジアやオーストラリア、中南米での調査も依頼される。現在は、コスタリカの大学や世界各国の研究機関から依頼を受けて、昆虫の調査やプロジェクトに携わっている。第5回「モンベル・チャレンジ・アワード」受賞。著書に『わっ! ヘンな虫 探検昆虫学者の珍虫ファイル』(徳間書店)など。
本人のホームページはhttp://www.kenjinishida.net/jp/indexjp.html