第71回 何これ? 葉っぱの上を動く「糞」

トロピダルニス属のツノゼミ(カメムシ目:ツノゼミ科)
A treehopper, Tropidarnis cf. tectigera (ID by Dr. Albino Sakakibara)
ツノゼミの専門家、Lewis Deitz博士によると「最近パナマで発見されたという報告があるが、コスタリカではこれが初めて」とのこと。
体長:約10 mm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ(写真クリックで拡大)
ヒラエオゲナ属の一種(甲虫目:タマムシ科)
A metallic wood-boring beetle/jewel beetle, Hylaeogena sp. (ID by Dr. Henry Hespenheide)
円盤の形をしているので、てっきりジンガサハムシの仲間だと思ってしまったほどの、珍種のタマムシ。未記載種(まだ名前がついていない新種)だ。タマムシに詳しいH. Hespenheide博士が記載論文に取りかかっている最中に見つけた。生態が詳しくわかっていないので、明らかにせねば。
体長:約7 mm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ(写真クリックで拡大)
ブラキス・ディミディアトゥス(甲虫目:タマムシ科)
A metallic wood-boring beetle/jewel beetle, Brachys dimidiatus (ID by Dr. Henry Hespenheide)
飼育で得たタマムシ。H. Hespenheide博士によると、これも変わっている種で、メキシコからパナマまで分布。コスタリカからの記録と飼育されたのはこれが初だそう。
体長:3.5 mm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ(写真クリックで拡大)

次のページは<今週のピソちゃん>です。