フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2014年4月号

宇宙誕生 見つめる目 アルマ望遠鏡

  • 南米チリの高地に建設された、アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(ALMA、略称アルマ望遠鏡)の巨大なアンテナ群。
  • 地球から7000万光年のかなたの触角銀河(アンテナ銀河)では、二つの銀河が衝突中。アルマ望遠鏡が試験観測で初めてとらえた星間ガスの渦を、ハッブル宇宙望遠鏡による可視光の画像(青色)に重ね合わせた。
  • 北米チームが担当するアンテナ25基の最後の1基が、ドッキング・パッド(右下)へと運ばれる。完成すれば、13億ドル(約1300億円)を費やした世界一高価で、世界一大きな地上望遠鏡となる。日本も参加した、この国際共同プロジェクトで、宇宙のまだ見ぬ領域が、かつてないほど鮮明にとらえられるだろう。
  • <b>星の“ゆりかご”に 目を凝らす</b><br />南米チリの夜空に輝く大マゼラン雲(中央上部)を仰ぐ、アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(ALMA)の巨大なパラボラアンテナ群。66基のアンテナからなる“巨大な複眼”で、恒星や銀河が初めて生まれた、初期の宇宙を観測。はるかな時空を超えて、宇宙の謎に迫る。

フォトギャラリー一覧へ

ナショジオクイズ

キリン科の動物は次のうちどれ?

  • シマウマ
  • オカピ
  • トムソンガゼル

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ