第104回 占い大国スリランカの縁起のいいお菓子

 2月14日はバレンタイン。女性から男性にチョコレートをあげる習慣は日本独特のものだが、気になる男子に告白しやすい貴重な機会を利用しない手はない。恋する女子の多くは、この日までにどんなチョコレートで意中の人の心を射止めようかと悩み抜いていることだろう。

 ところが、ここスリランカでは、恋の成功率はとにもかくにも占いで決まるらしい――。そう、私メレンダはスリランカの主要観光地を巡るプレスツアーに参加しているのだ。未知なるスリランカのお菓子を求めて、今回はその後編をお届けします。

 ツアーガイドのサーランガさん曰く、「男性と女性が付き合うときは、必ず相性を占うんです」。星占いが盛んで、国家レベルの主要行事の日程まで占いで決めるというスリランカ。男女の相性は、お互いの生年月日と生まれた時間、場所で占うらしい。相性が悪いと結婚は躊躇することも多いようだ。彼も、「今の彼女と付き合うときに相性を占ってもらいましたよ」という。

 しかし、占いにとらわれないカップルも少なからずいるようで、サーランガさんのご両親は占いの相性無視の恋愛結婚だそう。でも、結婚も視野に入るお年頃の息子には占いで相性ばっちりの彼女と付き合ってもらいたいよう。親心というものは複雑である。

 そんな話を聞いていたら、壮麗な建物内で写真撮影をしているカップルに出くわした。