フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の百年

- FEBRUARY 2014 -

どこから見てもエッジの効いた都市

 ニューヨークの三つの通り(ブロードウェー、5番街、23丁目)が交差する三角地帯に、1902年、フラットアイアンビルが建ちあがった。古くからある摩天楼のひとつだ。当初は20階建てで、1905年に21階が付け足された。


 5番街からとらえたこのエッジの効いた風景は、『ナショナル ジオグラフィック』誌1918年7月号に掲載された。記事のなかで筆者のウィリアム・ショーウォルターは「ニューヨークという都市は、どの角度から見ても我々の関心をひき、そして想像力をかき立てる魅力がある」と記している。


写真=W. W. Rock, National Geographic Creative

フラッシュバック一覧へ

  • ビリヤード場の“やじ馬”
  • 日焼け対策はばっちり
  • おーい、聞こえるかい?
  • 美女とかわいい野獣
  • 第一次大戦に使われた気球
  • 1927年生まれの噴水
  • アメリカでも流行った? ローマ風呂
  • 人海戦術でダム建設
  • 悲運の巨大タイヤ
  • 毛むくじゃらの牛
  • アイスフィッシングの名所

翻訳講座

ナショジオクイズ

写真は西アフリカのニジェール。ここで何をしているのでしょうか?

  • 織物
  • 井戸掘り
  • 金鉱探し

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ