橇は空っぽで軽いとは言え、押し上げている私の腕はもう限界だった……。

 本心を言うと、握り締めている橇のハンドルを手放してしまいたい。

 犬たちには悪いけれど、もう限界の私を、橇と一緒に引き上げて……と思った。

 けれど目の前で、雪にまみれながら、必死に困難に喰らいついている犬たちを見ると、すぐさま自分が恥ずかしくなった。

 マッシャーである私が、犬たちの重荷になってどうするのだ。

 少しでも犬たちに負荷がかからないように橇を押し上げなければ……。

 私は再び、ぐぃっと腕に力を入れ、足元の雪を踏みしめた。

 が、私の全身の筋肉は、もはや余力も少なく、すぐにも震えるように脱力していった。

 しかも、追い討ちをかけるように、防寒服が内部の温度を上昇させていて、体がまるで石炭を燃やす蒸気機関車の炉のように、かっかと熱を発している。

 密閉性が良いものだから、更に爆発寸前の圧力鍋状態である。

 暑い……、

 暑い……、

 死にそうなくらいに暑い。

(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る