第75話 その直感が、答えなのよ。

 トーニャは一応、回り道ができないかと道を探しに行ったが、結局登るしかないと結論づけて戻ってきた。

 挑戦がまたはじまる。しかも、さらに難度の高い挑戦だ……。

 私は酷く疲労感を覚えていたが、それを押し切って、その段差の高さを確認しに行った。

 見上げると、首が痛くなるほど勾配がキツい。

 これは、不可能だ……。

 私は、断崖絶壁を見上げているような気分に陥った。

 トーニャは犬たちの配列を変えて、比較的頑丈な体つきのものを前のほうにつなぎ替えた。

 先頭を行く犬たちの踏ん張りが勝負どころと考えたのだ。

 しかしながら、やはりこの壁は容易にはいかなかった。

 トーニャも犬たちも、最初の勾配を登れずに、へばりついただけで結局戻ってきた。

 間髪入れずに、私も走った。

 片足に指がないアーセルは、そのまま橇の根元に残した。

 トーニャが言うには、アーセルは指がなくても肩が強いので、頼れる力持ちなのだという。

 それを聞いて、私はますますアーセルを頼りにした。

 が、先陣を切ったトーニャたちが敗走を余儀なくされたように、私たちも、はじき返されるように、すぐにも崩れ落ちた。

 これは、さっきのようにはいかない。

 原因は、傾斜の角度のキツさや高さではなく、犬たちも私も、気力が萎えてしまっていることだった。

 さきほどの難関で、私たちはほとんど燃え尽きてしまっていたのだ。

 さて……、こういった場合どうするべきか……。