「川端さん、運が良すぎですよ。さっそく、お見せしたかったものがいました。自分も、ここにきて、ちゃんと会えたフィールドトリップは、3年いる中でもこれで5回目ッス」

 車の中から目を凝らすと、赤茶けた砂地に背の低い草がところどころ密に生えていた。

 そして、緑に紛れて、あるいは砂の裸地の上に、黄、緑、黒といった色がまざった小さなものが、もぞもぞと動いているのだ。

 風に揺れる花、というのは、一瞬なら、そう錯覚することもありえる。

 ただ、なすがままに揺れる動きとは違う。

 地面を這う動物の群れだ。

 スズメバチがアリのように地面の上でうごめいている、というのがぼくが抱いた最初の印象だった。さらに『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部で登場する「ハーヴェスト」というスタンド(興味ない人、意味不明でゴメンナサイ)を想起した。

「これがサバクトビバッタの幼虫の群生相のマーチングですよ。幼虫の群れのことをバンドと言って、みんな同じ方向に向かって一斉に行進していく行動をマーチングといいます。本当に、よかった。とにかく、自分、これを見せたかったんですよ!」

 前野さんは興奮して言った。

 ぼくは夢中になって写真を撮ったわけだが、このファーストコンタクトはかなり強烈で、意識がぼーっとなってしまったほどだ。

 それでも、一応、自分なりに観察をして気づいたことがいくつか。

(動画撮影:川端裕人)

この連載の次の
記事を見る