/nng/article/20131225/378263/

1999年、七大陸最高峰の世界最年少登頂記録(当時)を樹立した登山家であり、近年では清掃登山やシェルパ基金の設立、ネパールでの学校建設、戦没者の遺骨収集などに取り組んでいる野口健さんが昨年、写真集『野口健が見た世界』(集英社インターナショナル)を上梓した。「少年時代の夢がカメラマン」だった野口さんは、再びカメラを手にしたことで、新たな世界が切り開かれたという。(インタビュー・文=高橋盛男/写真=藤谷清美)

1~ 5件を表示/5件中