VISIONS

仮装した男たちがいたずら

ウクライナ・カルパチア山脈にあるコスマチ村で、仮装した男たちが家々を回り、住人にいたずらをする。この日はユリウス暦の大みそかである1月13日。村に暮らす山岳民族フツルの人々にとって、「メランカ」という伝統の祝日だ。
写真=Gera Artemova, Anzenberger

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • 結婚式を待つ花嫁たち
  • 食肉処理場に並ぶヘビ
  • 鏡に映る原宿の街
  • ペリカンの最期
  • ロープを渡るタフガイたち
  • 谷底に落ちる稲妻
  • アーシューラーの少女たち
  • 夏の海を泳ぐホッキョクグマ
  • 一糸乱れた?鳥の大群
  • ポーランドの湖、冬
  • ポーランドの湖、秋
  • ポーランドの湖、春
  • カマキリ万歳!
  • 引退した蒸気機関
  • 砂漠を越えて目指すのは・・・