- JANUARY 2014 -

アイスフィッシングの名所

 氷の上にずらりと並んだ大型の淡水魚ウォールアイ。『ナショナル ジオグラフィック』1958年12月号に掲載された写真だ。


 ここ米国ミネソタ州ミラックス湖はウォールアイの有名な釣り場で、週末になるとアイスフィッシングを楽しむ人が数多く訪れたという。当時の記事によると、「トレーラー(写真後方)を引いて湖へ押しかけ、氷に穴を開けて糸を垂らし、車内で暖をとりながら様子を見守る。そしてウキが沈んだら車から飛び出し、収穫を手にする」とある。


 現在、ミラックス湖のウォールアイは減少傾向にある。そのため、ミネソタ州は2013年から釣りに規制をかけ、若い魚の成育と繁殖に努めている。


写真=Thomas J. Abercrombie, National Geographic Creative