とにかくリアル! 3D恐竜映画『ウォーキング with ダイナソー』を見た

 2013年12月20日(金)から全国公開される恐竜映画『ウォーキング with ダイナソー』を、ひと足お先に見てきました! この映画はネイチャー・ドキュメンタリーで定評のある英国のBBC EARTHが制作したとあって、これまで恐竜DVDを数多く担当してきた恐竜好きの私、編集Nも見る前からワクワク。とある試写会場に伺ってきました。

(C)2013 Twentieth Century Fox(クリックで拡大)

 さて、どんな映画だったのか。結論から言うと、とにかく恐竜がリアル! 恐竜時代(中生代)にタイムトリップして、生きている恐竜を目の当たりにしているかのような映像なんです。

(C)2013 Twentieth Century Fox(クリックで拡大)

 映画の舞台は7000万年前の白亜紀後期、現在の米国アラスカ州となった地域です。主人公のパッチは、角竜のパキリノサウルス。首の周りに伸びるフリル(えり飾り)が特徴的な、ちょっとサイっぽい印象の植物食恐竜で、同じく植物食恐竜のエドモントサウルスとともに、季節が変わるたびに餌を求めて、群れで大移動します。その彼らを、肉食恐竜のゴルゴサウルスやトロオドンが虎視眈々(たんたん)と狙い、羽毛の生えた小型恐竜やちいさな哺乳類が、巨大な恐竜の間をすばやく駆けまわります。