研究者は、研究材料があるときは研究に没頭している。
 ところが、研究材料がないとき、たとえば、サンプルがなかなか採取できないときなどは、やることがなくなってしまう。すると、人間関係のトラブルを起こすことも、少なくないのだとか。

 そうなんですよねえ、どこの組織も、暇になるとそういうトラブルがねえ。
 しみじみ頷く取材陣。急に研究者たちが身近な存在に感じられる。

「だからそこを調整するのも仕事のうち。暇になりすぎないように、イベントも企画しますよ」

 船上卓球トーナメントは恒例行事。卓球台があるのです。

卓球選手偽装事件

 あるとき、こんなことがあった。
 ご存じの通り、中国は卓球王国。乗船していた中国人の若手研究者も、腕に自信があったのかもしれなかった。しかし、彼はなんと一回戦で日本人研究者の前にあえなく敗退。明らかに落ち込んだ。
 出番がまだだった江口さんは、その若者に、自分のフリをして再挑戦することを提案。彼もそれを受け入れて、周りにからかわれながらも「私はエグチです」と江口さんの写真を張り付けたお面をつけて戦い続け、ついでにトーナメントも勝ち抜いたのだった。

 幼稚園の先生と言うよりは、お母さんのようだ。
 なぜ、そんな大変なお仕事を引き受けているのでしょう。

「それは結局、人が好きだからです。周りにはこの仕事を大変そうに話すこともありますけど、あんまり苦にならない」

「私がエグチです」(提供:JAMSTEC/IODP)(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る