File8 巨大探査船「ちきゅう」を動かす3人の男

第4回 男たちは何故、ちきゅうに乗るのか

ヘリデッキは船の一番前にある(写真クリックで拡大)

 最後に、今回の取材で最も高い場所まで上がらせてもらうことにする。ヘリデッキだ。なぜちきゅうにヘリポートがあるのか。それは、スタッフを迎え入れ、送り出すためだ。研究者は、掘削の現場に着く頃に、ヘリでやってくる。
 技術者は、12時間交替で4週間勤務したら、陸上で休暇を取ることになっている。このときの送迎にも、ヘリが使われる。

 物資の受け入れは、ボートで行う。消耗品、足りなくなったものなどは、陸から船で、ちきゅうまで運ばれるのだ。

男は何故、ちきゅうに乗るのか

 そのヘリポートに上ってもいいと許可を得たので、ふたたび作業服を着て、階段を上がる。

船上代表のロイヤルスイートルーム(写真クリックで拡大)

 もうすぐヘリポート、という通路の脇に、「OSI Operation Room」と書かれた部屋があった。これが、船上代表・澤田郁郎さんの言っていた執務室。ペントハウスのロイヤルスイートだ。確かに、見晴らしのいい場所にある、広めの部屋だ。
 ご本人の許可を得て、中を覗く。

「えっ、写真撮るの? 片付けが……」

 さっと撮影を済ませ、さあ、ヘリデッキへ参りましょう。

 階段をあがってデッキに立つと、とたんに視界が開けた。素晴らしい解放感。
 あれ、この雰囲気、どこかで見たことがある。たしか、テレビのCMで。

「T須クリニック?」

 イエス、T須クリニック! さすが広報担当者、ご明察。(注・そのCMはちきゅうで撮影されたものではありません)

野球ができそう(写真クリックで拡大)