• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の百年

- DECEMBER 2013 -

飛行機ウォッチングの穴場

 1950年代初頭のニューヨーク国際空港。空港へつながるハイウエーの上を、大きなプロペラ機が横断する。意外なアングルから見られる穴場なのだろう、人々は車を止めて飛行機を見物している。


 この飛行機「ボーイング377ストラトクルーザー」は、当時最大級かつ最も豪華なプロペラ機だった。ボーイング社の解説によると「らせん階段を下りるとラウンジがあり、最新の調理設備も備えていて温かい機内食が食べられる」という。


 ここニューヨーク国際空港は、1963年に「ジョン・F・ケネディ国際空港」と名前を変えたが、ハイウエーをまたぐこの誘導路は今も健在。補強が施され、さらに重くなった飛行機たちを支えている。


写真=B. Anthony Stewart, National Geographic Creative

フラッシュバック一覧へ

  • その昔、ルーマニアの空は
  • カラー写真の先駆け
  • 嵐に悩む幹線道路
  • 電球交換にも細心の注意を
  • 50年前の宇宙飛行シミュレータ
  • 魚のアーチで皇太子を歓迎
  • 海辺で男たちが探しているのは?
  • 剥製一筋50年の男
  • 70年前の石油ブーム
  • インドの解毒研究所
  • うつぶせで飛行機を操縦?

翻訳講座

ナショジオクイズ

約20種いるオウム科の一種、アカサカオウム。こうしたオウムの主な生息地は次のうちどれ?

  • 南米
  • アフリカ
  • オーストラリア

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ