フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2013年12月号

ちょっと意外な、セイウチ

  • グリーンランド沿岸で、浮氷の間を泳ぐタイセイヨウセイウチ。
  • 見事な牙をもった雄。ここノルウェー領のスバールバル諸島では1952年以降、セイウチ猟が禁じられている。「保護されてきた集団かどうかは、牙の大きさでわかります」と写真家のポール・ニックレンは言う。
  • カナダのフォックス海盆の浮氷の上で、生まれたばかりのわが子と触れ合う雌。視力はあまり良くないので、ひげと鼻が頼りだ。授乳期間は2年間に及ぶ。
  • スバールバル諸島で昼寝を楽しむ雄の群れ。
  • 雄、雌、子どもの入り交じった群れが、フォックス海盆の浮氷の上で体を寄せ合う。「調子外れなげっぷ音を立てると、たいてい近くのセイウチにこづかれます」と、研究者のロバート・スチュワート。「でも子どもには周囲も甘く、多少のことは大目に見てもらえます」
  • 水中のセイウチは、予測のつかない動きをする。グリーンランド沿岸でこの雄を撮ったニックレンは、ベテランダイバーの助言を肝に銘じていた。「小さめの入り江で、一度に一頭のセイウチだけを追うように」
  • タイセイヨウセイウチは、最大で水深90メートルまで潜って餌を捕る。1回の潜水時間は6分間ほど。スウェーデン人のベテランダイバー、ヨラン・エルメの助言を受けながら、ポール・ニックレンはグリーンランドのフィヨルドに潜った。海底をまさぐり、敏感なひげを使って埋もれた貝を見つけ出す雄たち。水を噴射して泥をどけるものもいれば、ひれであおぐものもいる。エルメによれば、「セイウチの採餌は48時間続くこともあります。疲れを知らない機械のように、潜水と浮上を繰り返すんです」
  • タイセイヨウセイウチは、最大で水深90メートルまで潜って餌を捕る。1回の潜水時間は6分間ほど。スウェーデン人のベテランダイバー、ヨラン・エルメの助言を受けながら、ポール・ニックレンはグリーンランドのフィヨルドに潜った。海底をまさぐり、敏感なひげを使って埋もれた貝を見つけ出す雄たち。水を噴射して泥をどけるものもいれば、ひれであおぐものもいる。エルメによれば、「セイウチの採餌は48時間続くこともあります。疲れを知らない機械のように、潜水と浮上を繰り返すんです」
  • タイセイヨウセイウチは、最大で水深90メートルまで潜って餌を捕る。1回の潜水時間は6分間ほど。スウェーデン人のベテランダイバー、ヨラン・エルメの助言を受けながら、ポール・ニックレンはグリーンランドのフィヨルドに潜った。海底をまさぐり、敏感なひげを使って埋もれた貝を見つけ出す雄たち。水を噴射して泥をどけるものもいれば、ひれであおぐものもいる。エルメによれば、「セイウチの採餌は48時間続くこともあります。疲れを知らない機械のように、潜水と浮上を繰り返すんです」
  • タイセイヨウセイウチは、最大で水深90メートルまで潜って餌を捕る。1回の潜水時間は6分間ほど。スウェーデン人のベテランダイバー、ヨラン・エルメの助言を受けながら、ポール・ニックレンはグリーンランドのフィヨルドに潜った。海底をまさぐり、敏感なひげを使って埋もれた貝を見つけ出す雄たち。水を噴射して泥をどけるものもいれば、ひれであおぐものもいる。エルメによれば、「セイウチの採餌は48時間続くこともあります。疲れを知らない機械のように、潜水と浮上を繰り返すんです」
  • タイセイヨウセイウチは、最大で水深90メートルまで潜って餌を捕る。1回の潜水時間は6分間ほど。スウェーデン人のベテランダイバー、ヨラン・エルメの助言を受けながら、ポール・ニックレンはグリーンランドのフィヨルドに潜った。海底をまさぐり、敏感なひげを使って埋もれた貝を見つけ出す雄たち。水を噴射して泥をどけるものもいれば、ひれであおぐものもいる。エルメによれば、「セイウチの採餌は48時間続くこともあります。疲れを知らない機械のように、潜水と浮上を繰り返すんです」
  • ノルウェーのスバールバル諸島で、ひげに貝殻をつけたまま休憩中のセイウチ。たった今、食事のためにひと潜りしてきたところだ。冷たい海に潜っても、セイウチの深部体温が約36.7℃に保たれるのは、厚さ10センチの皮下脂肪のおかげ。潜水中は体温維持のため血管が収縮し、体の色が一時的に青ざめる。
  • スバールバル諸島の海面に顔を出した雄。セイウチと一緒に泳ぐことに、写真家ニックレンは当初ためらいを感じていた。「野生のライオンに近づくのと同じで、愚かな行為だと本能は告げているんです。撮影中はずっと、自分の度胸を試されていたようなものでした」

フォトギャラリー一覧へ

翻訳講座

ナショジオクイズ

クズリというこの動物で正しいのは?

  • イタチ科
  • クマ科
  • スカンク科

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ