「何かあったの?」

 私はもはや、それを聞かなければ、とうてい眠りに戻れやしない。

 けれど、トーニャはうつむいたままで、深いため息をついた。

 そして、ぽつりと小さく呟いた。

「ソルティーを残してきた……」

「え?」

 私はそう聞き返しながらも、心のどこかで、誰かのお宅にでも預けてきたのだろうと思った。

 が、次の言葉を聞いて、錆びた杭でも胸に打ち込まれるような痛みが心の中に走った。

「森の中に、置いてきた……」

「ええ?」

 トーニャのその言葉は尋常ではなかった。私は意味が分からず、動揺して声を荒らげた。

「どうして? ソルティーに何があったの?」

 トーニャは、まるで沈んでしまった船のように、深く静かに意気阻喪していて、迫り尋ねる私の顔を見て、やっと口を開けた。

「走っている最中にね…、突然、ソルティーが倒れて、癲癇の発作が出てしまったの……」

「…………」

 私は、言葉にならず息を飲んだ。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る