第5回 渓谷から眺める、忘れられない大迫力の風景

 秋が深まり、紅葉狩りに出かけたくなる季節になりました。山はもうきれいに紅葉している所も増えてきましたね。美しい山や岩壁は見たいけれど、山登りやロッククライミングはちょっとという方は、麓にある渓谷を訪ねるのがおすすめ。そこで今回は、世界有数の渓谷から眺められる、大迫力の風景5カ所を紹介します!

1. グランドキャニオン(米国アリゾナ州)

米国アリゾナ州にあるグランドキャニオン。西部のハバスパイ族居留地にあるハバス滝は水温が平均20℃ほどで、広い滝つぼで泳ぐことができる。
写真:Thomas Ferrell/National Geographic My Shot(写真クリックで拡大)

 世界に名高い大渓谷といえば、何と言っても、米国アリゾナ州にあるグランドキャニオン。600万年の時をかけてコロラド川がつくり上げた大渓谷で、毎年500万人が訪れます。観光客の大半が向かうのはサウス・リム(南壁)ですが、おすすめなのは険しくそびえ立つノース・リム(北壁)。丸太と石灰石で造られた由緒あるグランドキャニオン・ロッジを拠点に、景色のいい短いハイキングコースをぜひ歩いてみましょう。

 もう一つのおすすめは、西にあるトロウィープ展望台。高さ762メートル地点から、ほぼ垂直な岩壁がコロラド川に向かって落ちています。岩壁の縁に腰かけて、はるか下方にある渓谷最大のラバ滝を見下ろし、カヌーやカヤックで急流に立ち向かう人々を眺めるのは、忘れられない思い出になるはずです。

2. アルプス山脈(ヨーロッパ)

アルプス山脈の高峰の一つ、マッターホルン。標高1600メートルほどにあるスイスの町ツェルマットから、力強くそびえ立つ雄姿を眺めよう。
写真:funkyfood London - Paul Williams/Alamy(写真クリックで拡大)

 ヨーロッパ中央部7カ国にまたがるアルプス山脈は、鉄道やケーブルカーを使って、標高のかなり高い所まで気軽に訪ねることができます。おすすめの町は、スイスのツェルマット。標高1600メートルほどの渓谷にあり、標高4478メートルのマッターホルンなど数々の高峰を眺めることができます。アルプス山脈最高峰のモンブランの勇姿を見るなら、やはり麓にある渓谷の町、フランスのシャモニーがおすすめです。

3. サガルマータ国立公園(ネパール/チベット)

エベレストの麓にあるサガルマータ国立公園を行けば、「世界の頂上」エベレストを体感することができる。
写真:Gordon Wiltsie/National Geographic Creative(写真クリックで拡大)

 世界最高峰のエベレストは、誰しも一度は行ってみたい場所の一つ。登頂するのは至難の業ですが、麓にあるサガルマータ国立公園に行けば、エベレストを体感することができます。地元のシェルパ族のガイドと一緒に、ドゥード・コシ渓谷を通って公園に入るコースに挑戦してみましょう。市場町のナムチェバザールから短いハイキングに出かければ、エベレストの様々な姿を眺められます。

4. テーブルマウンテン(南アフリカ共和国)

南アフリカ共和国南西部にあるテーブルマウンテンと、麓にあるコンスタンシア渓谷。大都市ケープタウンから車で20分ほどだ。
写真:Gordon Wiltsie/National Geographic Creative(写真クリックで拡大)

 南アフリカ共和国南西部にあるテーブルマウンテンは、3キロほどにわたって平らな頂上が続く山で、その印象的な姿は一度見たら忘れられません。北側の麓には、南アフリカを代表する都市ケープタウンがあります。南側の麓にあるコンスタンシア渓谷は、ケープタウンから車で20分ほど。数々の有名なワイナリーがあることでも知られています。近くにあるカーステンボッシュ国立植物園も、色とりどりの野生の花々を観察できるおすすめスポットです。

5. トーレス・デル・パイネ国立公園(チリ)

チリ南西部にあるトーレス・デル・パイネ国立公園。10頭ほどの群れで暮らすグアナコが、珍しく1頭でくつろいでいる。
写真:Nikki Bidgood/iStockphoto(写真クリックで拡大)

 チリ南西部にあるトーレス・デル・パイネ国立公園は南緯48~51度に広がり、「吠(ほ)える40度帯」(ロアリング・フォーティーズ)と呼ばれる強烈な偏西風が吹き荒れる厳しい土地です。しかし、氷河がとけた青い水をたたえるペオエ湖や、花崗(かこう)岩でできた柱のような山々が空に突き刺さる姿、咲き乱れる野の花など、見どころが満載。ペオエ湖畔にあるエクスプローラ・ロッジを拠点に、ハイキングや乗馬が楽しめます。

 紹介した渓谷にある見どころや、他にもある世界の渓谷の情報など、プランを立てるときに役立つヒントは、『一生に一度だけの旅 極上の世界旅行』をご覧ください!


『一生に一度だけの旅GRANDE 極上の世界旅行[新装版]』(マーク・ベイカーほか著、関利枝子、北村京子訳、日経ナショナル ジオグラフィック社)

旅のアイデア集「一生に一度だけの旅」シリーズに、広く開いて読みやすい「GRANDE」が新登場。洗練された大人にふさわしい上質な一冊を目指し、美しい写真と、本の造りや文字の大きさといった読みやすさを追求しました。旅のプロが厳選した、これぞ“世界旅行の王道”という珠玉の旅先400カ所以上を、たっぷり紹介しています。

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス