写真のキラキラした透明のゼリー菓子みたいな物体。
 何だと思います?

 実はこれ、蛾の幼虫。
 英語でJewell Caterpillar(ジュエル・キャタピラー)、つまり「宝石イモムシ」と呼ばれている。中南米で約80種、コスタリカで20種ほどが確認されているダルセライラガの仲間だ。

 背中のデコボコした部分は、宝石のように硬くはなく、ゼリー状でやわらかい。「ジュエル」というより、「ジェル」(またはゲル)のほうが似合っている気がする。

 実はこのゼリー部分は、体から分泌された付属物。少し粘着性があり、はがれても再生される。アリなどの捕食者がこのネバネバ感を嫌がるという研究もある。敵から身を守る役割を果たしているのだろう。

 そして、上の写真の「ゼリー菓子」が大きくなり脱皮すると、下の「ミントグミ」に。

 さらに成長し、葉を食べることをやめ、繭を作る場所を探すようになるころに、透明度が落ちて「マンゴーオレンジグミ」に変身する。

ダルセリデス・アルバの幼虫(鱗翅目:ダルセライラガ科)
Dalcerid moth jewel caterpillar, Dalcerides alba
大きさ: 約12 mm 撮影地:サン・ホセ、コスタリカ(写真クリックで拡大)

 さなぎを経て、おとなになると・・・

 次のページでは、透明感のあるいろんな幼虫たちをご覧いただこう。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る