第4回 誰も見たことのない世界を見せたい

――これから取り組んでみたいテーマはありますか。

 砂漠の空撮のように、5年10年と長いスパンで取り組めるテーマを今、探しているところです。今度は海洋もいいかなと思っているのですが、それ以上は写真家機密です(笑)。

――かつてのスタインメッツさんのように、『ナショナル ジオグラフィック』に作品が載るような写真家になりたいと思っている若い人が、日本にもいると思います。彼らにメッセージをいただけますか。

 Follow Your Dream。夢に従え。それに尽きます。

 そうねぇ。子どもが写真家になると言い出すと、たいていの母親は猛反対します。私のときもそうでした。たまには母親の言うことを受け流すことも大事ですかね(笑)。

――ありがとうございました。

スタインメッツ氏とナショジオのWeb版編集長、芳尾太郎(写真クリックで拡大)
(おわり)

ジョージ・スタインメッツ(George Steinmetz)

1957年、米国カリフォルニア州生まれ。スタンフォード大学で地球物理学の学位を取得。モーター付きのパラグライダーを使い、世界各地を空から撮影している。数多くのナショナル ジオグラフィックの特集を担当。2013年では9月号に「加速する海面上昇」、2月号に「歴史を取り戻すリビア」が掲載された。写真家ジョージ・スタインメッツを紹介するページはこちら


高橋盛男(たかはし もりお)

1957年、新潟県生まれ。フリーランスライター。自動車専門誌の編集を手がけたのちフリーライターに。JR東日本新幹線車内誌「トランヴェール」、プレジデント社「プレジデント」「プレジデントファミリー」などに執筆。