第12回 辛すぎるほどご飯がすすむ!ブータン料理

 「好きですよ。ほとんどの料理に入っていて、毎日食べています。唐辛子がないと食べた気がしないというか、ブータンでは唐辛子のない生活なんて考えられません」。確かにガテモタブンのメニューはスープや煮込み料理、サラダまで見事なほどに唐辛子が入っている。それに、ブータンの市場では家族で消費するのでも唐辛子はキロ単位で買うのが普通だし、小腹が空いたらそのままポリポリかじったりもするとか。でも、そんなに食べて辛くはないのだろうか……。

 「辛いという感覚はあります。でも物心つく前から食べているので辛いのが大好きだし、美味しいと思う」とレキさん。「それに、唐辛子って例えば日本や韓国だとスパイスとして使われることがほとんどだけど、ブータンでは野菜として食べるんです。ブータンの家庭で毎日のように出される料理がまさにそう。一緒に食べましょう。私が一番好きな料理でもあるんです」

 そう言って、レキさんは料理をオーダーした。しばらくして運ばれてきたのはなんと、ホワイトシチューのようなスープの中に、丸ごともしくは半分に切った唐辛子がどっさりと入っている料理だった。

「エマ・ダツィです」

 ブータンの言葉でエマは唐辛子、ダツィはチーズを意味する。つまり、「唐辛子のチーズ煮」というわけだ。作り方はシンプル。唐辛子を火にかけ、少々の水とチーズを入れて煮込んでいく。味付けの基本は塩で、そこにトマトや玉ネギ、ニンニクなど、家庭によってアレンジが加わるのだという。「これをご飯と一緒に食べるんです」とレキさんは、赤米にエマ・ダツィをかけて美味しそうに食べている。ブータンの主食はお米で、とくに赤米が好まれる。

エマ・ダツィ。これは生唐辛子で作ったものだが、入手できない季節は「ガテモタブン」では乾燥唐辛子を使う。レキさんが自分で作るときはトマトとニンニクを入れるそうだ