第59話 まさかの遭難? いったい何が起こってるの?

前回まで:湖の向かいの集落に行くため、日没寸前に犬橇を出したトーニャの犬のカーメルがなぜか戻ってきた。背中には橇を引くハーネスが付けられたままだ。首を傾げていると、ウロウロしている影がもうひとつ。あれ???

 ウロウロしているその影に、「こっちに来なさい!」と叫ぶと、やはり素直に私のところに走ってきた。

 暗闇の中から見えてきた顔は、オスの老犬、スタンピーだった。

 歳をとっているだけあって、優秀なベテラン組の犬である。

 カーメル同様に、背中にはハーネスが付けられたままだった。

 トーニャと共に走っていった犬が帰ってきた……、これはいったい、どういうことだろう?

 2匹の犬たちの顔を見ても、言葉を話すことができないから、もちろん、何があったのかなど伝えてはくれない。

 私はふと思った。

 トーニャの身に何かが起こり、それを知らせるために、2匹を放したのでは?と。

 私はとりあえず、背中のハーネスを外してやり、ドッグヤードに犬たちを繋ぐと、さっそくロッジに戻って、トーニャの向かい先のトゥリッサの家に電話をかけることにした。

 しかし、私にはその家の電話番号が分からなかった。

(写真クリックで拡大)