多民族国家である米国では今、人種やアイデンティティーの概念が変わりつつある。もはや外見だけで人種を判断することは難しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[つながる/RELATE]変わる米国人の顔

多民族国家である米国では今、人種やアイデンティティーの概念が変わりつつある。もはや外見だけで人種を判断することは難しい。

文=リーサ・ファンダーバーグ/写真=マーティン・ショーラー

 単なる顔写真を集めただけなのに、興味を引かれるのはなぜだろう。一つの顔に、さまざまな人種の特徴が混在しているからだろうか?

 米国勢調査局が複数の人種の先祖をもつ、いわゆる混血の国民について詳細なデータを集め始めたのは2000年から。国勢調査で、自分の人種を答える選択肢を二つ以上選べるようにしたのだ。すると、680万人が複数回答をした。10年後、その人数は約1.3倍に跳ね上がった。白人、黒人といった人種の回答で最も増えているのが、この「複数の人種に属する」人々だ。

 18世紀後半、ドイツ人科学者ヨハン・フリードリッヒ・ブルーメンバッハは、ヒトを赤、黄、茶、黒、白という五つの「自然的変種」に分類した。国勢調査の選択肢もいまだにこの旧来の分類に基づいているが、国民自身の裁量で複数選べるようになっただけ良い。分類システムの改善に一歩近づいたと言えるだろう。

 このような人種の概念に生物学的な根拠がないことは科学的に証明されている。だが一方で、人種意識や偏見が根強く残っているのも事実だ。人種の調査は、差別禁止法の施行や、ある集団に特有の健康問題を特定するために活用される。

 国勢調査局は、調査票の人種の分類に欠陥があることを承知している。また混血の米国人にとっても、人種の概念は非常に微妙なものだ。ここに写真を掲載した人々もそうだが、自分をどの人種とみなすかは、政治や宗教、歴史、土地柄などに影響され、その情報が使われる目的に応じて回答を変えることもある。

黒人と日本人の両親をもつ子は「ブラッカニーズ」

 黒人と白人を両親にもつマッケンジー・マクファーソン(9歳)は、人種を聞かれると「『ブラウン』と答えるけど、何でそんなことを知りたいのかなって思うわ」と語る。

 とはいえ最近では、人種についての意識はより柔軟になってきている。複数の文化や人種にルーツをもつ若者たちが、自由で遊び心のある呼び名をつくり出しているのだ。

 米国の子どもや若者の間では、ブラッカニーズ(黒人と日本人)、フィラティーノ(フィリピン人とラテン系米国人)、チカニーズ(メキシコ系米国人と日本人)、コルジェンティニアン(韓国人とアルゼンチン人)など、人種や民族に関する造語が使われている。
 イヌピアト(エスキモー)と米国中西部のユダヤ人の混血であるジョシュア・アソーク(34歳)には、大学時代に「ジュスキモー」というあだ名がついた。ユダヤ人を表すJEW(ジュー)とエスキモーをくっつけた言葉だ。彼は今でも自己紹介をする時にこの言葉を使う。

 米国人にとって人種は今でも重要であることは確かだ。国勢調査局は2060年までに白人が少数派になると予測する。
 だが、人口の割合が増えれば社会的な機会が保証されるわけではないし、日系米国人の強制収容や黒人差別法といった負の遺産が帳消しになるわけでもない。
 現在、白人の平均収入は黒人やヒスパニックの2倍、財産は6倍と言われている。若い黒人男性が失業する確率は白人男性の2倍だ。人種的な偏見はいまだに投獄率や健康状態を左右し、全米で話題になることもある。

※ナショナル ジオグラフィック10月号から一部抜粋したものです。

編集者から

 「単なる顔写真を集めただけなのに、興味を引かれるのはなぜだろう」――筆者のこの言葉の理由が、写真を見るとよくわかります。どこの国の混血なのか、一見しただけでは判断できない人ばかりで、つい何度も見返してしまうのです。顔がクローズアップで撮られているのにも理由があります。その答えは特集で!(編集M.N)

この号の目次へ

ナショジオクイズ

こちらは90年代に建てられた、あるテーマパークの写真です。さてどこでしょう?

  • 富士ザウス王国
  • 富士ワイルドブルー王国
  • 富士ガリバー王国

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ