特別編 田邊優貴子「北緯79度なう! 前編」

 そんなわけで、ここにきてついに私の連続隔年南極行は頓挫してしまったようです(これまでも単なる偶然や必然の仕業でこうなっていただけですけれど)。それにしても、もろもろの研究計画を立てていた&心の準備をしていたので正直とても残念ですが、スペイン基地へは次のシーズンに期待したいと思います。

 ということで、久々の「南極なう!」、
 本日は「北極なう!」的特別番外編をお送りします。

 北極と言ってもイロイロ。人によって思い浮かべる場所は違うでしょう。

 北極圏に領土を持つ国は全部で8カ国。アメリカ、カナダ、ロシア、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アイスランド、デンマーク(もちろん本土じゃなくグリーンランド)です。陸地ではなく、北極海や北極点を思い浮かべる人もいるかもしれません。
 私の調査地はどこかと言うと、ノルウェー北端の町トロムソからさらに北へ1000kmほど、北緯80度あたりに浮かぶスヴァールバル諸島のスピッツベルゲン島にあるニーオルスンという国際研究村です。

ニーオルスン国際研究村(写真クリックで拡大)