第2回 楽天的で大らかなコンゴの人々

(写真クリックで拡大)

――コンゴがアフリカ大陸の中央部にあるということくらいは知っているのですが、どんな国なのですか。概要を教えてください。

 面積は約234万5000平方キロメートルで、日本の約6倍の広さです。

 人口は6780万人。国の中央にはコンゴ川(旧称ザイール川)が流れていて、これはアフリカ大陸で2番目に大きい川です。この川のおかげで、アフリカの国々のなかでも、コンゴは水資源に恵まれています。国の半分はジャングルですが、サバンナも湿地帯もあります。

 首都のキンシャサは、コンゴ川の河口部にあって大西洋に面しています。私がいたころの人口は200万人台でしたが、今は増えておよそ900万人になっています。私は、そのキンシャサで生まれ育ちました。

――独裁政権と聞くと、すぐに恐怖政治を思い起こしてしまうのですが、首都での生活はどうだったのですか。

 政治的には、さまざまな問題を抱えていましたが、国民の生活はわりと安定していたと思います。コンゴには、250ほどの部族がいるのですが、部族間の紛争もなかったし、子どものころの思い出は、平和で楽しいことが多いですね。