第2回 楽天的で大らかなコンゴの人々

――ムルアカさんが来日したころ、出身国のコンゴ民主共和国は、ザイール共和国という国名でしたね。

 そうです。日本の方にはザイールという名前のほうが知られているかもしれません。1997年にザイール共和国からコンゴ民主共和国に、国名が変わりました。

 隣にコンゴ共和国がありますが、コンゴはもともとひとつの王国でした。それが19世紀に植民地化され、フランス領とベルギー領に分けられました。そのベルギー領だった地域が1960年に独立してできたのが、現在のコンゴ民主共和国です。

――ムルアカさんは1961年、コンゴ民主共和国が独立した翌年の生まれですね。ただ、60年の独立直後にベルギーの軍事介入を受けて、コンゴ動乱が起こっています。

 私が生まれた年に、ルムンバ首相が暗殺される事件がありました。

 その後、1965年にモブツがクーデターによって大統領になり、1997年まで32年間にわたって独裁制を敷きました。国名をザイール共和国に変えたのは1975年です。

(写真クリックで拡大)

本誌2013年9月号でもコンゴ民主共和国にまつわる特集「キンシャサ 脈動するコンゴの首都」を掲載しています。Webでの紹介記事はこちら。ぜひあわせてご覧ください。