- SEPTEMBER2013 -

嵐に悩む幹線道路

 海岸に立ち上がる巨大な波濤。1948年、ニューヨークを嵐が襲った時の写真だ。


 ブルックリンの海岸沿いを通るこの幹線道路ベルト・パークウエーは、当時からずっと嵐に苦しめられてきた。2012年10月にハリケーン「サンディ」が襲来した時も、この道路は何時間にもわたって浸水、水深が1.5メートルにおよぶ所もあった。防潮堤が修復された現在も、地元の人々は次の嵐に不安を抱いている。


写真=New York Daily News, National Geographic Creative