ち、血が付いている……。

 しかも、1枚だけでなく、何枚も。なんで?

 私は犬たちの餌皿を拾い上げては、首を傾げた。

 餌皿に血がついていて、そのまま凍っているのだ。

 怪我をしているのか?

 私は、犬たちの手足や体をくまなく調べた。でも、なにも問題がない。

 しかし、次の日も、次の日も、餌を与えるときに、その皿に血液が付着しているのを発見するのだった。

 これはいったい……。何かの事件か?

 その答えを教えてくれたのは、耳の聞こえないアンだった。

 犬たちに餌をやり終えたあと、アンの頭を撫でに行くと、彼女は、もう餌など入っていないのに、いつまでも皿を舐めていた。

 よく見ると、舐めている舌がぺたんと皿にくっついて、ちょっともがいて、それを剥がすように舌を引っ込めている。

 そしてまた舐めては、もがいて剥がしているのだ。

(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る